kimkim BLOG

合計

今日

昨日


ジオターゲティング


free counters







OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED

Hide's DELTA

おとこの箪笥

ランチアデルタとエスプレッソにはまる日々

そのランチアデルタください

自分流行通信 jhiblog

garage CREST blog

"DELTA" Mamma mia !

今日のイタ雑

こるそまるけの日記


思えば遠くへ来たもんだ

思えば遠くへ来たもんだ~故郷離れて16年目
思えば遠くへ来たもんだ~この先どこまでゆくのやら・・・

とまぁ、海援隊の替歌なわけですが、我がデルタも製造から16年、ワシの手元にやってきて15年になります。限定車というカテゴリはあったものの、当時も含め他の車たちのように排気量の違いや加給機の有無など、8V-16V-EVOと進化した意外は、別モデルというものが無かった車というのも珍しい。それゆえ、デルタはデルタでしかないわけで、そんなこともこの車を長く乗り続けているオーナーさんが多い要因のひとつかもしれない。総生産台数4万数千台というのは、けして量販車ではなかったんですな。

「人はなぜ形あるものを残そうとするのだろう?いずれ自分が消えて無くなってしまうのに」という話を度々書くが、確かこの言葉は竹野内豊氏と山崎勉氏が出ていた世紀末の詩というドラマの中で聞いた台詞だったような気がする。そういえば、竹野内豊氏がデルタオーナーだった話は有名で「オートスポーツイワセさんに昨日来ていたよ!」なんて話もあった。もうかれこれ10年も前の話である。1台の趣味車を15年も乗り続けると、いろいろと考えることも多い。ワシはおそらく40年後にはこの世にいない。すなわちデルタも含めて、いま所有している物の大半が無駄なものとなる。

デルタはクラックが入ったボディーの補強と、ロールケージブラケットの溶接止めなどを済ませて、今月中には復活予定である。すでに150万円程度で買えるこの車に、10倍以上の費用をつぎ込み、たいして速くもならないのに「なにそこまでムキになる?」と自分自身で思うことも幾度か。 車の楽しみ方は人それぞれではあるが、既に売るつもりも無いし、ルーフまで歪んで修理した車に市場価値が云々とかいう話ではない。そんなことばかり気にしているなら、ガレージの飾りで放置するのが一番である。でもまぁ、間違ってもヴィンテージ・フェラーリのような車にはならないことはオーナーが一番解っているはず。

今から10年後に、走行距離の少ないデルタが市場価格よりも150万高額で転売できたとしても「それがどうした? 俺は1億円分楽しんだぜ!」と笑っていたい。エアコンを取り払おうが、ドンガラ内装にしようとも、既に何にも気にするものは無いのである。

つづく
デルタ | 投稿者 kimkim 10:00 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<  2008年 3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
BLOGの引っ越しで…
04/22 18:22
ルーフベンチレーター…
04/15 08:12
MARTINIグッズ
04/09 09:09
床塗り
04/03 06:14
正常に戻ったかな
03/31 08:30
お品書き
03/30 12:59
排気システム
03/30 08:30
ご報告
03/22 14:15
今回も無事です
03/16 10:29
皆さんご無事ですか?
03/12 15:18
ホビダス[趣味の総合サイト]