kimkim BLOG

合計

今日

昨日


ジオターゲティング


free counters







OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED

Hide's DELTA

おとこの箪笥

ランチアデルタとエスプレッソにはまる日々

そのランチアデルタください

自分流行通信 jhiblog

garage CREST blog

"DELTA" Mamma mia !

今日のイタ雑

こるそまるけの日記


デルタ納車の日(6)

そんなこんなでいよいよ高井戸までデルタを走らせることとなる。今でこそ何気なく走らせているが、低速トルクの細いエンジンに加えて4駆というのは、なんともスタートのクラッチワークが微妙なのであった。案の定、エンストの連発。まぁ、そのうちに慣れるだろうと思った。

コースはR20と中央高速の選択肢。デルタの加速を体感したかったので高速を選びたかったが、その前にガソリンを入れる儀式。1993年当時は都内といえどもEVOモデルのデルタなんて滅多に観ることがなかった。ガソリンスタンドに入ると、車が好きそうなお兄さんたちが寄ってきて「いいなぁ~」と言われた。これから支払いが続くローンのことも忘れてニンマリする時代がしばらくつづく。

さて、ガソリンを満タンにして国立府中インターから高速に乗り、4500rpmまで加速してみた。それまで乗っていたFC3Sは数ヶ月も前に下取りに出してしまっていたから、ターボ車の加速を忘れかけていたワシには強烈な加速だった。無駄と思えるほどのパワー競争が激しかった当時は、チューニングショップやらあちこちにシャシダイナモがあって、600馬力を超えるR32なんかがゴロゴロ登場していた。ワシのFC3Sは、確か小金井市にあったBMというショップで計測したときに260馬力を発生するライトチューンを施していたが、デルタの古典的なドッカンターボは、速さの疑似を演出するのが上手だった。同時にデルタ特有のバランサーシャフトを駆動させる「ヒュイーン」という音が新鮮であった。

「しかし、暗いメーターパネルだね」と話しながら、結局は永福を通り過ぎ、8月26日に開通したばかりのレインボーブリッジへ向かった。ちなみにこの時代のカーグッズの流行りモノはCDチェンジャーと浸透しはじめたナビゲーションシステム。しかも車速センサーなどの機能が無いGPSオンリーの代物だった。


注)1993年当時の写真に一番近い画像だが、この写真は1998年に初めて参加した奥多摩でのミーティング時のもの。これ以前はデジカメも持っていなかったのでアナログな画像しか残っていない・・・。純正15インチホイールが懐かしい。まさか今のような状態になるとは思ってもいなかった時代である。■写真提供 by Acha

しかし若いなぁ~・・・服のセンスも悪いなぁ~(苦笑)
デルタ | 投稿者 kimkim 17:47 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
2006年 2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最近の記事
BLOGの引っ越しで…
04/22 18:22
ルーフベンチレーター…
04/15 08:12
MARTINIグッズ
04/09 09:09
床塗り
04/03 06:14
正常に戻ったかな
03/31 08:30
お品書き
03/30 12:59
排気システム
03/30 08:30
ご報告
03/22 14:15
今回も無事です
03/16 10:29
皆さんご無事ですか?
03/12 15:18
ホビダス[趣味の総合サイト]