kimkim BLOG

合計

今日

昨日


ジオターゲティング


free counters







OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED

Hide's DELTA

おとこの箪笥

ランチアデルタとエスプレッソにはまる日々

そのランチアデルタください

自分流行通信 jhiblog

garage CREST blog

"DELTA" Mamma mia !

今日のイタ雑

こるそまるけの日記


デルタ納車の日(1)

せっかくブログも再開したのでデルタのことを少し書き綴ろうと思う。こうやって定期的にこの車のことを書いてモチベーションを維持しているのも事実だ(苦笑) 13年も前の話なのにすらすらと書けるほどいろいろなことを覚えている。

馴れ初めはプロフィールやWebのほうでも書いているので13年前の納車にさかのぼる。

デルタの前に乗っていたFC3S∞(アンフィニ)を下取りに出した関係で、1992年の2月に当時のランチアディーラーでもあったオートザムにオーダーを入れてから10ヶ月が経過していた。知り合いの営業マンであったD氏に毎月電話を入れて、まだかまだかの催促をしたもんだ。D氏は数年後に心筋梗塞でこの世を去ってしまったことも今となっては遠い昔の話に思える。

新車から乗っているデルタオーナーの方はうなずくだろうが、1992年に生産中止の発表もあって「デルタはいま手に入れなければ新車で乗れない!」という緊迫感があった。
今では信じられないだろうが「色なんかなんでもいい!」「内装の色?あるやつなら何でもいい・・・」そんなオーダーをした。とくに田舎のディーラーだったので本当か嘘か割り当ては2台だけだったことを記憶している。ボディー色が赤であることを聞かされたのは何ヶ月も先のことだった。

港に到着したよ!と一報があってからどれだけ長く感じただろうか、通関とか新車整備という手続きをこれほど恨んだことは無い。1993年8月31日、待ちに待った納車の日がやってきた。当時ワシは27歳、下高井戸のマンションを借りて、ヤナセの芝浦本社の事務所に勤務をしていた。当日は仕事も手につかなかったが、どうしても急に松本へ出張に行かなければならず、夕方の納車に立ち会えない。なんという不運だろう・・・

当時は結婚していなかったが、彼女(今の嫁)が勤めていた国立市にある会社へ納車してくれと頼んだ。東京から100kmも離れたディーラーからわざわざ練馬陸運支局に出向いてナンバーを取得して、国立まで届けてくれた。夕方の4時に仕事を終えたワシは、それはもうノンストップで松本からすっ飛んで帰った。(つづく)
デルタ | 投稿者 kimkim 00:36 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
2006年 2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最近の記事
BLOGの引っ越しで…
04/22 18:22
ルーフベンチレーター…
04/15 08:12
MARTINIグッズ
04/09 09:09
床塗り
04/03 06:14
正常に戻ったかな
03/31 08:30
お品書き
03/30 12:59
排気システム
03/30 08:30
ご報告
03/22 14:15
今回も無事です
03/16 10:29
皆さんご無事ですか?
03/12 15:18
ホビダス[趣味の総合サイト]