kimkim BLOG

合計

今日

昨日


ジオターゲティング


free counters







OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED

Hide's DELTA

おとこの箪笥

ランチアデルタとエスプレッソにはまる日々

そのランチアデルタください

自分流行通信 jhiblog

garage CREST blog

"DELTA" Mamma mia !

今日のイタ雑

こるそまるけの日記


ステッカー貼り

我がデルタのデカール類は95%がプロの手によって施工されている。残りの5%くらいがワシ自身の手で貼ったわけだが、ステッカー貼りは、結構難しい。

カーマガジンの取材のときにPROTOTYPEさんにて、その筋では有名な桑司さんという方が施工を行ったのだが、その見事な技術には空いた口がふさがらなかった。あの、とてつもなく大きな面積の、しかもデルタのブリスターフェンダーに合わせて、マルティにラインを霧吹きとゴムへらを片手に「スパパパ!」と貼り付ける。気泡などひとつも入らない、、、。思い切りの良さというか、優れた感覚というか、ただただ感心するばかりだった。

さて、ワシも数多くのステッカーを犠牲にして学んだことがある(^ ^; 貼り付けるときに、中性洗剤入りの霧吹きは絶対に必需品!必ずといっていいほどできてしまう気泡を追い出すのが簡単だし、ボディーへ貼り付けた後に、微調整が簡単だ。貼り直しも可能となる。

これがボディーを濡らさずにやってしまうと、7割くらいは失敗する。その代わりにステッカーがボディーに貼りつき難くなるので、転写シートを剥がす時に、文字まで一緒に剥がれてしまって困難なのである。桑司さんはゴムへらで洗剤入りの水をギューッと追い出し、一発で施工を完了させる。ワシも真似をしてみたが、へらでしごきすぎてボディーに傷をつけたり、なかなか上手にできない。

で、ワシの場合はこうだ。
■ボディーをよく綺麗にして、中性洗剤(濃度は薄い)を霧吹きで吹きかけ、ステッカーを転写シートごと貼る。

■タオルで水分を拭き取りつつ、転写シートの上からぎゅうぎゅうと押さえながら擦る。

■ドライヤーで乾かし、しばらく放置。BLOGでも書くことが多い(^ ^;

■貼る部分のロゴを押さえながら、転写シートを折り曲げて剥がしていく。

とまぁこんな感じだ。最後の部分は独自の方法というか自己流なので、皆さんが上手にできるかどうかはなんとも言えない。写真で観ていただけると良くわかると思うが、転写シートを指で擦り取るように剥がしていく。

途中で「O」の文字のように剥がれてきてしまっても、あわてて転写シートを戻して押さえつけるようなことをしない。これをやると失敗する確率が非常に高い! このような場合でも、どこか1点でも貼りついていれば、そのまま転写シートをゆっくり剥がし、ステッカーが自分で元の形に戻るようにする。転写シートから離れたら、指でチョンチョンと撫でるように水を追い出せば失敗することは無い。

あとは水分を追い出し、ドライヤーで乾燥させれば完了。1週間くらいは洗車しないほうが無難でしょうね。

デルタ | 投稿者 kimkim 20:16 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
おいらも職業柄、通常は業者に依頼するステッカー貼りを「納期切迫」という訳わからん理由で貼らされる事があります。
販売店オプションのものや、一番印象にあるのが、全国を走る〇全昭和運輸のハイエースにどでかいカブトムシと文字1台分・・・・。夜の夜中までかかった記憶がありますね~。
プロは単純な文字だけとかだと、石鹸水も使わず「ドン!」と2秒で貼り付けてしまいます。さすがです・・・。
投稿者 小松庵店主 2006/09/14 21:27
小松さん、こんばんは。
そうそう!確かにワシの知り合いの看板屋さんも、いきなり筆で字を書いたり、ステッカーをガラスにベタッ!ハイおしまい・・・って感じですわ(^ ^;

ワシも数をこなして、プロフェッサーを目指そうかな。
投稿者 kimkim 2006/09/14 23:12
こんばんわ。昔、タミヤのラジコンのボディにマルティニラインを貼れなかった私には神の世界です。最近、タミヤから完成済みボディが販売されてるのを知りました。最初から出してくれ、と思いました。
投稿者 kaki_zaru 2006/09/15 00:28
kaki_zaruさん、こんばんは。
タミヤのラジコンデカールは、年数経過で剥がれてきちゃうんですよ~。ある意味実車よりも難しいかも(^ ^; ワシも指紋をベタベタつけちゃってデカールだけ買いなおしたなぁ~。

そうそう、ワシのデルタに施工した神の手の持ち主は、赤の8Vに白のカッティングを全塗装ならぬ"全貼り"で仕上げ、さらにビアシオンMARTINIレプリカにして乗っているのですよ! ワシの扱うデカールも、サランラップみたいに薄い素材なので、乾いた状態での張りなおしは絶対にできません! 
投稿者 kimkim 2006/09/15 00:41
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2006年 9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
BLOGの引っ越しで…
04/22 18:22
ルーフベンチレーター…
04/15 08:12
MARTINIグッズ
04/09 09:09
床塗り
04/03 06:14
正常に戻ったかな
03/31 08:30
お品書き
03/30 12:59
排気システム
03/30 08:30
ご報告
03/22 14:15
今回も無事です
03/16 10:29
皆さんご無事ですか?
03/12 15:18
ホビダス[趣味の総合サイト]